阪南中央病院

阪南中央病院 > 病院概要 > 携帯電話のご使用について
携帯電話のご使用について
当院では、病院内で携帯電話の条件付き使用を認めています。
従来、携帯電話が発する電磁波が医療機器や心臓ペースメーカーの誤作動などの影響があるとして、多くの病院では院内での携帯電話の使用が禁止されていました。
しかし、携帯電話が普及した今日、多くの患者さまやそのご家族、お見舞い客の皆さまから「使用したい」との要望が寄せられています。
最近、一部の病院で全面的に許可されるようになってきておりますが、いまだ影響の根拠について統一された見解はありません。
当院でも携帯電話の使用条件について検討を重ねてきましたが、医療機器等への影響を与えないような場所に限定して携帯電話使用可能区域を設けました。
院内を以下の3つのエリアに分けました。
使用可能区域 メールのみ可能区域 使用禁止区域
『使用可能区域』
  • 各病棟の個室内
  • 各病棟談話室
  • 東館1階・休憩スペース、1・2階自販機周辺
『メールのみ可能区域』
  • 各病棟の総室(大部屋)
  • 1階・2階の診療科外待合い
『使用禁止区域』
  • 各外来診察室、中待合室
  • 手術室、検査室、NICU
  • エレベーター内

使用上のルール
  • 病院内では、必ずマナーモード(総室では、バイブレーションなし)に設定して下さい。
  • 『使用可能区域』『メールのみ可能区域』でも、医療機器の周辺2メートル以内では使用をご遠慮下さい。
  • 通話をしながらの歩行は、周囲に対する注意力を欠き、衝突などの事故を引き起こす危険性があるので、必ず立ち止まってご使用ください。
  • 使用禁止場所は、検査室・処置室・手術室等で「電源を切ること」と標示しております。必ず電源をお切りください。
  • 消灯時間後の病室内および談話室でのご使用はご遠慮下さい。
  • その他、当院職員から指示があった場合はその指示に従っていただくようにお願いいたします。
  • 携帯電話の写真撮影機能は、プライバシーの侵害にあたる恐れがありますので、周囲に十分にお気を付け下さい。