阪南中央病院

阪南中央病院小児科のトピックス
小児科医 ( 副院長 ) : 中田成慶
はじめに
家畜(偶蹄類)の感染症である口蹄疫(foot-and-mouth disease FMD)が、大問題になっています。ヒトの子供では、夏かぜの季節です。エンテロウイルスを主とした、夏かぜ・ウイルス性発疹症をテーマにしました。
【症例1】ウイルス性発疹症 5歳7ヶ月
経過
5月16日:
頬に「りんご病」様の紅斑。

5月19日:
体幹、四肢に発赤を伴う発疹を伴うようになる。CRP<0.1mg/dl。

5月20日:
39.2℃。顔の紅斑は進行し顔面浮腫状、体幹・四肢の丘疹も増加し当科へご紹介いただく。
咽頭所見:口蓋垂の右に粘膜潰瘍あり
CRP0.4mg/dl 白血球9500 AST19 ALT13 LDH263 アデノV(—)溶連菌(—)HBs-Ag(—)
抗生剤投与なしで観察

5月21日:
解熱

5月22日:
顔、体幹、四肢の発赤は軽減、しかし、肘・膝に発赤を伴わない丘疹が多数出現

5月24日:
発疹は全体的に軽減、CRP0.2 白血球6900 マイコプラズマ、EBV、CMV、コクサッキ−4、10、16、Echo16などの抗体検索中。
鑑別診断
  • Gianotti-Crosti症候群
小児丘疹性末端皮膚炎(infantile papular acrodermatitis); B型肝炎ウイルス感染によるものをGianotti病、原因不明のものをGianotti-Crosti症候群と区別することがあります。しかし、最近では両者を区別せずG-C症候群と呼ぶ傾向にあるようです。この症例では、頬や体幹に発疹が先行しました。対症療法のみで予後良好、発疹は数週間で消失します。
原因:
①ウイルス感染(HBV・EBV・CoxsackieV・EchoV・ParvoV・CMV・HHV-6など)
②細菌感染(A群溶連菌、髄膜炎菌、マイコプラズマなど)
③ワクチン接種後
  • Boston Exanthema
かぜ症状に加え、四肢、体幹、顔に、麻疹・風疹様の浮腫性紅斑・丘疹がみられ、Echo16によるものをBoston exanthemaと診断します。
エンテロウイルスの分類と感染経路
エンテロウイルスは主に腸管で増殖する小型RNAウイルスです。ポリオウイルス群(1~3型)、コクサッキーウイルスA群(1~21、24)、コクサッキ−ウイルスB群(1~6型)、エコーウイルス(1~7、9、11~21、24~27、29~33型)、1969年以降発見されたウイルスにはエンテロウイルスとしての通し番号をつけて、エンテロウイルス68~71型と命名されています。
一般的な感染経路は糞口(fecal-oral)あるいは飛沫(oral-oropharyngeal)でヒト−ヒト感染です。潜伏期は通常3~6日です(例外的に急性出血性結膜炎では1~3日と短い)。不顕性感染もあります。
エンテロウイルス感染症の病態
非特異的発熱
原因ウイルス:エンテロウイルスのすべての型
熱と軽い咽頭所見のみで治癒するもの。熱が軽い場合、又は、熱がでない場合は、不顕性感染となる。
ヘルパンギーナ
原原因ウイルス:殆どがCox A2~6、8、10(CoxAの番号の若い型)
症状:突然の熱、軟口蓋に潰瘍形成
手足口病(hand-foot-mouth disease HFMD)
原因ウイルス:Entero71、Cox16、(10、5)
合併症:Entero71には向神経性があり、脳幹脳炎(肺水腫を合併する)、急性小脳失調症、ギランバレ症候群、無菌性髄膜炎などの合併症が報告されています。WHOの報告によると2008年中国で流行し、子ども達に多くの被害を出しました。また、Cox16でも稀に心筋炎の報告があるなど、単に手足口病として見過ごすことができない場合があります。国立感染症センターの報告では、今年は第13週以降、手足口病は増加が続いており、過去5年間の同時期と比較してかなり多く、Entero71が85%、Cox16が15%の割合で検出されています。夏に向けて流行に注意が必要です。
集団施設での保健:手足口病は学校保健安全法に定められた学校感染症としては第三種の「その他の感染症」扱いとなっています。出席停止については治癒するまでとされていますが、咽頭からは数週間、糞便からは約一か月ウイルスの排泄が続くため、数日程度の出席停止では感染防止には意味がないと考えられます。かかった子どもの急性症状が消失した時期を、治癒の時期と判断し、出席停止を解くのが、現実的な対応です。(神経症状を呈する症例が同じ集団で複数、発症した場合は、施設としての対応策を保健所に相談する必要があるかもしれません。)