診療支援部門

Medical guidance

栄養科の取り組み

栄養科のご紹介

栄養科のご紹介

こんにちは、病院における栄養科をご紹介させていただきます。
スタッフは、管理栄養士、調理師、調理作業員のチームで、毎食150食前後の入院患者さんの食事を直営で作っています。
主な業務内容は 皆様のよくご存じの患者さまのお食事をお作りし提供する給食管理業務、生活習慣病をはじめとする治療食を中心とした栄養指導、もう1つが、栄養状態を評価し栄養改善を目的とした栄養ケアマネジメントを中心にした栄養管理業務です。
病院の食事はおいしくないと言われがちですが、それを 『何とかしたい!』
『安全でおいしく、治療に役立つ食事をご提供したい!』 と考え、スタッフ全員力を合わせて日々努力しています。
また、最近問題となっている高齢者をはじめとする低栄養を改善する目的で栄養サポートチーム(NST)や嚥下状態の改善を目的とした嚥下チーム、褥創改善を目指す褥創チームなどチーム医療の一役を担っています。

給食管理業務・栄養指導

給食管理業務・栄養指導

食種

常食(小児、学童、軟菜、産婦食など)、治療食(糖尿病食、腎臓食、肝臓病食、膵炎食、減塩食、潰瘍食など)は、大阪府の指針と各々の病態関連学会指針に基づく院内約束食事箋に沿った献立を作成し提供しています。
その他、患者様の状態により、個別対応もしています。

配膳時間

【朝食】8時
【昼食】12時
【夕食】18時
温かいものは温かく、冷たいものは冷たく食べていただくために温冷配膳車を使用しています。

行事食

お正月・節分・ひなまつり・子供の日など、行事に合った食事を提供しています。

出産後のお祝い膳

当院では、ご出産後に 『お祝い膳』 をお出ししています。
一品一品にお慶びの気持ちをこめました。

栄養指導

個人指導(入院・外来)
主治医の指示により、生活習慣や食事の習慣を考慮した内容で、患者様・ご家族の方にわかりやすく、そして実践しやすい指導を心がけています。

外来栄養指導のご案内

「栄養指導」と言えば「カロリー計算を覚えなければ」、とか「あれこれ食べてはいけないと言われるのでは?」というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、最初は今までの食生活を振り返ってみることから始めます。その中で病気の原因になっているような部分が見つかれば、何か1つ、できるところから改めていけばよいのです。
食事自体が病気を治療したり、お薬の効き目を良くしたりすることが多くあります。糖尿病、高血圧、脂血代謝異常症等の慢性の病気を治療中の方、食物アレルギーのための離乳食等でお困りの方は是非一度、栄養指導をお受けになることをお勧めします。
又、当院で治療を受けておられない患者さんも「栄養指導」のみ受けていただくことができますので、かかりつけの主治医の先生にご相談下さい。

指導日(予約制)

月~金曜日
9:30~
10:30~
11:30~
14:00~
15:00~
16:00~

栄養指導の流れ

栄養指導の流れ

栄養管理業務

当院では、栄養管理業務として患者さまの病態にあった栄養管理計画書を作成しています。

栄養アセスメント

患者様の栄養状態を評価することを栄養アセスメントと言います。早期に栄養状態を評価し適切な栄養管理をすることによって重篤な状態になるのを予防します。患者さまの食事摂取量を始め輸液(点滴)の内容を評価し目標栄養量を充足しているか確認します。
不足している場合は主治医と相談しより適切な栄養補給の方法を検討します。

食事摂取状況・栄養状態の評価

ベッドサイドに行き、患者様の食事摂取状況を確認します。また、低栄養が疑われる場合には栄養状態を評価するために身体計測(二の腕の周囲と皮下脂肪)を行っています。
患者様の栄養状態が改善し、にっこり(^-^)笑ってくれる瞬間が、病院栄養士のやりがいとなっています。

安全な食事の提供を目指して

栄養科では、常食や幼児食、疾患に対応した治療食など様々な食事の献立を作成し、調理しています。大量調理マニュアルに準じた調理手順や工程の再確認、異物混入や誤配膳の防止などに取り組み、安全で患者様においしいと喜んで頂ける食事の提供を目指しています。
異物混入に対して、調理場に入る前に帽子とマスクを装着し、粘着ローラーにより作業着に付着している異物を取り除きます。そして食材の洗浄や調理、盛付け時にも注意を払い、最後に蓋をする際は中身を確認した上で行ない、配膳します。
誤配膳に対して、食札のコメントの色分け(赤:禁忌食コメント 青:除去コメント 緑:追加コメント)、禁忌食や除きコメントに対する別献立の作成および作成した別献立のダブルチェック、別献立により作成した料理には蓋ではなくラップをかけ、見た目で違いを付ける、配膳車に用意した食事の調理師・管理栄養士によるダブルチェックを行なっています(図1)。また禁忌食においては、トレーの色分け、配膳車内での特定位置の設置、禁忌食患者の別献立の作成、調理師・管理栄養士によるダブルチェック時は蓋を開けて別献立と中身を確認するといったことを特別に行なっています(図2)
このように一人の目ではなく多数の目による確認や、色分けにより見た目で区別するといったことにより、事故の減少に取り組んでいます。これからもより良い食事が提供できるように、管理栄養士・調理師共に力を合わせて頑張っていきたいと思います。

【図1】 誤配膳に対する取り組み

色分けしたコメントの食札
色分けしたコメントの食札
別献立により作成された食事
別献立により作成された食事
誤配膳に対する取り組み

【図2】 禁忌食に対する取り組み

色分けしたトレー
色分けしたトレー
配膳車内での特定位置の設置
配膳車内での特定位置の設置
蓋を開けて中身を確認する様子
蓋を開けて中身を確認する様子