診療科・部門

Medical guidance

皮膚科のご案内

初めて受診される方へのお願い

皮膚科では多くの患者様が受診されるため、時間を指定した予約ができず、診察の待ち時間が非常に長くなっております。診療の質を下げずに待ち時間を短縮するため、当院の皮膚科を初めて受診される患者様に、ご協力をお願いしております。
アトピー性皮膚炎の経過を用紙1枚程度にまとめて、ご持参してくださいますようお願いします。

治療方針

一般皮膚科診療の他に難治化成人型アトピー性皮膚炎の入院外来治療と光線過敏症の診断治療に力を入れております。

難治化成人型アトピー性皮膚炎の入院・外来治療

難治化成人型アトピー性皮膚炎は、本来のアトピー性皮膚炎にステロイド外用剤による依存性副作用を合併した病態です。
この治療としては、脱ステロイドと脱保湿、脱プロトピックを基本的なものと考えています。
離脱症状を軽くするために可能な限り自宅でステロイドや保湿剤をゆっくりと減らしていただきますが、どうしても症状がひどくなって減らせなくなれば入院して離脱していただきます(急いで離脱する方法もあります)。

脱ステロイド・脱保湿療法は何も外用しない治療ですが、ステロイドや保湿(時には外用免疫抑制剤であるプロトピック)からの離脱時には世間の常識的な治療方法がほとんど通用しないため、医療者の詳しい観察と説明及び悪化要因の発見と除去と適切な対処が必要です。
例えば、良質な蛋白質を摂取する、水分を必要量しか取らない、細菌感染やウイルス感染に早期に対処する、適切な入浴方法を行う、傷の痛みに対する適切な対処を行う、精神的な援助を行う、仕事や学業の相談を行うなど多彩です。
アトピー性皮膚炎をアレルギー疾患とは考えない学習も必要です。

脱ステロイド・脱保湿療法は、ステロイドやプロトピックでいくら治療しても治らない難治化成人型アトピー性皮膚炎のどうしても通らなければならない治療の第一段階で、副作用を除去するものです。
この後、人間が持っている自然治癒力と自然治癒力を強くする理学療法を組み合わせ、残っているアトピー性皮膚炎が徐々によくなるようにします。

詳しくは「新版患者に学んだ難治化成人型アトピー治療、難治化アトピー皮膚炎の脱ステロイド・脱保湿療法」(つげ書房新社 佐藤健二著)をご覧ください。 子どもの脱ステロイド治療については「ステロイドにNO!を 赤ちゃん・子どものアトピー治療」(子どもの未来社 佐藤健二・佐藤美津子著)をご覧ください。

光線過敏症の診断治療

光や紫外線などが関係する光線過敏症の診断治療や色素性乾皮症やポルフィリン症などの遺伝性光線過敏症も重点的に診察しております。
色素性乾皮症については、患者の親の会「ふれっくる」と一緒に東海地方から西の地域で多くの対策をたてることができました。この経験を基に、この方面の診療にも力を入れております。

一般診療

皮膚科診療一般と皮膚外科も行っております。

診療体制

外来診察

月曜日(午前)・火曜日(午前)・水曜日(午前)・木曜日(午前)

  • 診察医は、診療予定表でご確認ください。
  • 初診受付は、午前8:40~11:30です。
  • 再診は予約制です。
  • 日本語を話されない外国人の外来診察は水曜午後1:30からからで、予約制です。
  • 手術は金曜日午前9:30頃からです。

入院診察

月曜日から金曜日まで毎日行っています。

入院される患者さまへ

脱ステロイド療法のための入院は、病院スタッフのサポートのほか、ご家族様方のご理解とご協力が大切です。入院の前にぜひご一読ください。

成人型アトピー性皮膚炎の入院・外来治療

脱ステロイド・脱保湿入院患者様へのお願い

厚生労働省は、一般急性期病床を日本全体で9万床(現在ある病床数の約四分の一)減らす方針です。
これを可能にするために、入院患者さんの在院日数を減らそうとしています。
その方法は、厚生労働省が決めた入院期間を超えての入院では、病院が赤字になるまで入院診療費を極端に下げ、その入院期間を超えて患者さんの入院を継続しにくくする方法です。

当院には地域包括ケア病棟があります。この病棟では最長の入院期間が60日です。
60日以上入院が必要と考えられる患者さんの場合、急性期病棟にまず入院していただき、症状が安定すると判断されれば地域包括ケア病棟に移っていただくことになっています。(主治医の変更はありません)
この場合、入院費用が増える場合があります。

日本で数少ない脱ステロイドができる病院を守るために、ご理解とご協力をお願いいたします。
なお、医療費については高額医療制度を利用できるように、入院前に手続きをお願いいたします。

阪南中央病院 皮膚科部長 脱保湿治療 佐藤健二

常勤医師の紹介

  • 佐藤 健二

    皮膚科部長・医療福祉連携部長・医局長
    • 日本皮膚科学会 皮膚科専門医
    • 日本褥瘡学会 日本褥瘡学会認定師
  • 山中 健志郎

    皮膚科医師
    • 日本皮膚科学会 皮膚科専攻医